私がやってる健康法

私は、特に学生の頃はスポーツマンでもなくゲームばかりしていたのに、しょっちゅう捻挫をするくせがありました。

ある時ちょっと脚をひっかけたことが原因で派手に靭帯を損傷してしまい、治ってからは、前より更に頻繁に足を捻挫してしまうようになり、当然といってはそれまでなのですが、あまり動けないのにキッチリ三食食べて、おやつまで食べていたら、身長150cmで体重が70kgくらいと、身長の割にはかなりの巨漢になってしまいました。

しかもあまりに捻挫する回数が多いので医師にどうしたら捻挫しなくなるか聞いたところ、ウォーキングやジョギングをサポーターを巻いてすると足首の筋肉が鍛えられて捻挫しにくくなるのでいいと言われたので、その日からジョギングをすることにしました。

始めは体重も重いこともあって、ちょっと走っただけで息切れがひどく、つらかったのですが捻挫を繰り返す自分の体に嫌気がさしていたので、頑張って毎日一時間ジョギングをすることにしました。

始めは体を動かすだけで精一杯という感じだったのですが、一週間くらいジョギングをすると走っているのが快感になり、楽しくなってきました。

元々の体重が重いこともあって、ジョギングをして早一か月でなんと10kgも体重が減り、それからというもの毎日ジョギングをすることが楽しみな日課へと変わりました。
ジョギングを始めて3か月くらいたったころには、前はぶよぶよだった脚が筋肉質に変わってきていることに気づきました。

インフォメーション

  • ED治療薬の代表であるバイアグラの効果をしっかり発揮するために大事な服用方法や飲む前に確認しておきたい知識が満載です。
    バイアグラ市場
  • 脱毛を行うなら、安くて効率的に行いたいものです。お得なサロン情報や脱毛の口コミ情報を紹介しています。

徐々に長めのランニングに挑戦

だいぶ慣れてきたので10kmなど、少し長めのランニングにも挑戦したりもしてみました。
私があまりにも痩せたので、友人も一緒にジョギングに来たりしたのですが、その頃には私はかなり体力がついていて一緒に走るのがしんどいと友人に言われたほどでした。

世の女性はダイエットを目的にジョギングをすることの方が多いと思いますが、私の場合は筋肉をつけるためにジョギングをしていたのですが、数年間ジョギングをしていたら5年ほどでなんと20kgほど減量もでき、かつ捻挫とは無縁になりました。

ずっと運動を継続した事でとても健康になれましたので、継続は力なりということわざは本当に的を得ていると実感しました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ